双子座(ふたご座)男性の性格・好きなタイプ・恋愛傾向・攻略テクニック | 無料占いブッフェ

双子座男性はかなり策略的な恋愛をする傾向あります。




本能的に気が多いものの、狙いを定めた相手を手に入れるためにはあらゆる手段で落としに掛かり、必ずと言って良い程に理性的な恋愛であるよう心掛けます。

双子座座(ふたご座)男性の性格

変化とコミュニケーションを代表する双子座男性。頭がよくて愛嬌があり、新しいものにどんどんチャレンジしていきたい男性です。

楽しいことが好きで放蕩傾向がある場合もあり、ちょっぴり浮気な面もあります。

好奇心が強く、新しいものや、珍しいもの冒険や刺激的なことが大好きで、外見に気をくばるおしゃれさんでもあります。

双子座男性は本気の恋愛においてはとっても慎重なので、こちらからぐいぐい押すのはどうか? と思いますが、意外ところりと落ちてしまうこともあります。

ただ、付き合い始めたら女性も誠実であらねばならず、双子座男性のチャレンジ精神についていかねばなりません。

こんな双子座男性のアプローチ方法を詳しく事前リサーチしましょう!

双子座男性の性格や特徴

双子のイメージから「二面性がある」なんて言われることもある、双子座男性。いえいえ、けっして二重人格などではなく、いつもニコニコしている温厚で明るい性格です。第一印象で「二面性があるでしょ」などと見抜かれることもなく、非常に人当たりがいい星座なんです。

双子座男性はユーモアを解し、その場の雰囲気に合った会話で場を盛り上げることが得意なため、双子座男性が登場することで場の雰囲気が華やぎ、一緒にいると楽しさを覚えます。

双子座男性は、聞き上手の明るい性格です。
どんな環境にいても穏やかに微笑んで、話しかけると上手に聞いてくれる。物腰が柔らかくて気さくなオーラを出しています。第一印象がとてもいい星座で、学校でも会社でも柔軟になじむことができます。

そしてとっても聞き上手! 双子座男性は、周囲をリラックスさせるタイプの人です。特に話を聞いているときは、双子座男性独特のリズムで絶妙な相づちをうってくれる。話していると気持ちよくなれますし、双子座男性と話した後はなぜかストレスがなくなってすっきりするのです。

こういうことから、非常に女子受けしやすく人気がある男性です。

ただ双子座男性はいつも穏やかで親しみやすいですが、親しくなっても、どこかに一線を引いているようなよそよそしさも。好きな物はころころ変わりますが、嫌いな物は永遠に嫌い。

さらに仕事の面でも評価が高い。頭の回転が速く、想像力が豊かで頭脳労働が得意。

双子座はとても器用な性格で、どんなジャンルの仕事をまかせられても水準以上の結果を軽々と出してきます。初めての仕事であっても困ることはなく、いろいろなことを引き受けてどんどん仕事の幅を広げていきます。目に見えて出世するというタイプではありませんが、気が付けばそこそこのポジションにいて、グループのなかで欠かせない存在になっています。

双子座男性は、知的な欲求や好奇心に突き動かされて、真実や未知の何かを追い求めることに快感を覚えるタイプ。とはいえ、気楽な生活を好み、仕事にも縛られるのもよしとしません。

双子座男性が生活の中で一番強く求めるのは情熱的な愛ではなく、多くの観衆。
どこかで愛情を信じていない部分があり、皮肉や風刺で自己防衛する癖があります。

しかし、人間関係をうまくやるすべは心得ているので、周りからの信頼や愛情を容易に獲得できる得な人種。

双子座男性は家庭の縛りの中に拘束されるのも苦手で家族の一員として責任を負うのも苦手。たとえ家庭を持っても個人の身軽さは持ち続けたいと考えています。

双子座男性の恋愛傾向

人間関係能力が高い傾向にあるため、いつでも周囲に人を集め、人からの好意を受けやすい立ち場になりやすい双子座男性
事実、双子座男性は頭の回転が速く、会話が面白くて知識も豊富。女子にとっては一緒にいて楽しい相手です。
自分自身が面白いと思える時間を過ごすことを重視するので、デートや一緒に過ごす時間は彼女にとっても楽しいものになることが、多いでしょう。
他方、色々な人と遊ぶことに付いても広く浅くなりがちで、本心を上手に隠して恋愛を楽しんでしまうケースも多々あります。

しかし基本は自分の興味なので、恋人としては引っ張り回される感覚を味わうこともあり得ます。

恋愛に限らずいろいろな知識や体験を自分のものにしたいと思っている双子座男性は、恋人として、とても新鮮な相手でしょう。

一緒にいることで、あなたも新しい知識や体験を手にれることができるはず。しかし、旺盛な好奇心が異性に向くことも多く、交際している相手がいても別の女性に興味を持つこともしばしば。

女性にとっては、安心できない恋人になりがちです。

双子座男性は次々と新しいものに興味を覚え、悪い習慣を直そうとはこれぽっちも考えない大きな子供です。




しかし、多くの場合新鮮さが薄れると興味も薄らぐので、本命と思える彼女がいる場合には、そこに戻っていくでしょう。

一緒にいると楽しい双子座男性ですが、人の面倒を見るのは苦手。
彼女のために自分を犠牲にしたり、責任を負ったりする気持ちはありません。

子供のように奔放で興味がころころ変わるので、やりっ放しの後始末を恋人が請け負わなければならなくなることもあります。

持って生まれた浮気性は年齢と共に落ち着きやすいとされているものの、双子座男性の浮気による離婚率も他の星座より割と高い傾向にあります。

双子座男性 恋愛の考え方

双子座男性はかなり策略的な恋愛をする傾向あります。本能的に気が多いものの、狙いを定めた相手を手に入れるためにはあらゆる手段で落としに掛かり、必ずと言って良い程に理性的な恋愛であるよう心掛けます。

自分の本心を誤摩化すのもかなり上手なのが双子座男性なので、その点、狙われる方は細心の注意が必要ですが、楽しい恋愛を演出することについては妥協しません。

双子座男性が好きなタイプ

気が多く、人間関係も広い双子座男性。面白く、話し上手な人もかなりいるのですが、人とのコミュニケーションが上手なのに二面性を持っているために人の恋愛に付いてはかなりの知見を持っていても自分の恋愛は下手だったり、上手にこなせていない場合も。

自由を愛するので、束縛されるのは何より苦手。大らかな気持ちで接してくれる人、そして同じものを楽しめる、共通の趣味や、共有できる情報を互いに提示できる相手を求めるようです。

双子座男性は恋愛においては好奇心旺盛なタイプとの相性◎。また、せっかちであるため、のんびりとした人とはあまりリズムが合わないでしょう。

双子座男性に好かれる方法

八方美人な面があり知的な双子座男性は恋愛に関してもやや軽め。
明るく頭の回転が速く、彼のユーモアを理解できる反応のいい女性に引かれます。
真面目すぎる女の子や色気のない女の子には興味を示しません。

双子座男性に気に入られたいなら、彼と一緒にいる時はぼんやりしていてはいけません。愚鈍な女子は眼中にありません。

体格の立派すぎる女子もあまり好みではないでしょう。特に太った女性は恋愛対象になりません。

賢く可愛らしいルックスと流行を敏感に取り入れたファッション。しかも、それを自分らしく着こなすオリジナリティと垢抜けた雰囲気を持つ女性には彼の方から興味を示すはず。

そんな双子座男性の気持ちを引くにはサプライズもオススメです。

脈あり! 双子座男性の好きな人への態度

双子座男性は本気か遊びかわからないほど、愛情表現が軽やか。

出会った初日に「好き」と言ってくるかもしれません。

しかも、双子座男性からすれば、興味を持った女性すべてが恋愛対象なので、「好き」に嘘はないのです。

「それ、本気なの?」と聞くのは、かえって野暮だと思われるでしょう。

双子座男性のわかりやすい愛の言葉やボディタッチは、基本的に全部「脈あり」です。それをどこまで本気にさせるかは、女性次第かも…

双子座男性との恋愛攻略アプローチ

新しいモノを求めていく柔軟な姿勢、変化を求める姿勢ですので、似たような共通の趣味があったり、共通の友人がいたりするとかなり接近しやすいはず。

双子座男性が二面性を持っているので、あえて双子座男性に対しては戦略的、策謀的になりすぎないような、アプローチというのも一つの手です。

自分の善し悪しがハッキリしているのに、人間関係では上手に隠している場合が多いので、嫌われないように近付くとなるとなかなか難しい場合も。何はともあれ楽しいものが好きな双子座男性、まずは互いが楽しい会話からが王道です。

知的興味と好奇心を刺激する

双子座男性の心をつかむには、彼の知的興味を刺激することが大切。

一緒に公の集まりに出た時などは黙りこくっていないで会話のセンスを披露すること。
その場で友人たちが話したことを、あとで覚えていることも重要です。

映画やドラマ、小説の中などで気の利いた会話や比喩などは覚えておいて双子座男性との会話で使うのもいいでしょう。

あなた1人がベラベラしゃべるのはよくありませんが、双子座男性の会話にうなずくだけでなく、ついていけることが大切。鋭い意見やセンスのいい見解を合間合間に返せると、双子座男性からのあなたの評価はぐんと上がります。

新鮮さを演出する

双子座男性とのデートの時には突発的なイベントを盛り込むのも効果的。

あらかじめ、どこに行って何をすると決めるのではなく、会ってからワクワクするようなシチュエーションを提案されると、双子座男性はときめきます。

もちろん、あなたの中ではあらかじめ策を練っておけばいいのです。

しかし、お膳立て感は決して出さないこと。

自然な流れで非日常が起こることに双子座男性はぐっときます。

違う自分を見せる

ファッションもいつも同じではなく、時に意外な着こなしを見せるのも双子座男性の興味を刺激するでしょう。
もちろん、ただ色々な格好をすればいいというわけではなく、センスがいいことが大前提です。

外見だけでなく、いろいろな本を読んだり、習いごとをしたりして、あなた自身の興味の範囲が広いことを見せるのもいいでしょう。

しかし、これも手当たりしだいに手を付けるだけでなく、それがあなた自身の言動に反映されていることが大切です。上辺だけではすぐに見透かされてしまいます。

双子座男性の興味に応えようとすれば、自ずと自分磨きになると思えば苦にならないはず。




叱ってあげることも必要

双子座男性が間違いを犯した時には厳しく叱ることも大切。
母親が子供を叱るように愛情を持って、きっぱり叱ったあとは、いつまでもぐずぐずと文句を言わないこと。
命令口調を使うのも効果的です。

懇願や泣いて非難するなど、感情的なやり方は双子座男性に負担を感じさせ、あなたを遠ざける原因になりかねません。

二面性の双子座男性は隠し事が上手過ぎるので、腹を割って話せる相手であること、心からの信頼関係を築くことを意識しましょう。

母のように帰るべき場所となる覚悟を

双子座男性にとってあなたが面倒を見なければならない存在ではなく、世話を焼いてくれる頼れる存在になったら、彼はあなたから離れられなくな可能性が高いです。

双子座男性と交際するなら、男性に頼りたいという気持ちは捨ててください。
頼れないばかりか、やりっ放しの彼の後片付けまで、あなたがやることになる可能性も大です。

交際が深くなるほどあなたの負担は増えるかもしれません。

わがままな子供のような双子座男性には一種母のような気持ちで接することが肝心です。

不安にとらわれるたびに感情的になっていては、双子座男性はたちまちあなたを重荷に感じるはず。
また相手の心を試したり、自分への愛を誓わせたりすることも、あなたにとっては何の利益にもなりません。

双子座男性に多くを求めず、「最後に帰る場所は自分」という、その点だけを信じて鷹揚に構えられる女性、そういう女性となら長く続くはずです。

双子座男性と相性がいいのは?

射手座

好奇心旺盛な双子座男性と合うのは、射手座の女性です。射手座は新しいことやおもしろいことに対して食いつきがいい星座です。どんなことでもおもしろがって一緒にやれるので、いろいろなことにチャレンジしたい双子座男性にはぴったり。お互いにとお互いの好奇心を刺激しあい、いつも目新しいことを一緒にやれます。刺激しあいながらどんどん気持ちが深まっていく組み合わせです。

水瓶座

水瓶座の女性も新しいものが大好き。あらゆるものに感度の高い星座なので、双子座男性の独特なセンスとうまく合います。ほかの人ではちょっと理解しがたいレベルのことでも、お互いに阿吽の呼吸でわかりあえるので付き合っていてもストレスがありません。センスのいい注目のカップルになりますね。

双子座男性と相性が悪いのは?

蟹座

双子座男性は、蟹座の女性とはなかなかうまくいきません。蟹座は用心深い性格で、ここは恋愛において慎重派の双子座男性と合う点です。一方で好奇心旺盛で新しいことをどんどん楽しみしたい双子座男性には、蟹座の女性はついていけせん。

たとえ大恋愛の末に結ばれたカップルであっても、付き合ううちに違いがくっきりとしてきて、お互いに強いストレスを感じます。最終的に我慢ができなくなり大爆発することになるので、長期間ずっと安定的に付き合える組み合わせではありません。

双子座男性の恋愛の失敗傾向

気が多いのが双子座男性の問題で、どうにも一人の人を見ていながら、他の人のことも気に掛かってしまいがちです。結果的に楽しい恋愛が、この気の多さでダメになってしまうケースも少なくありません。

ある程度身を固めたいと考えるのであれば、遊びの気持ちと別れた方が気楽です。自分を騙せるだけの理性を持ち合わせている双子座男性ですから、自分を律して責任と向き合うこともできます。

双子座男性の恋愛まとめ

双子座男性はいかがでしたか。
かわいいお子ちゃまみたいな双子座男性
人間の器が大きくないと「キィーッ!」と怒って終わりになりそうです。
双子座男性は大きな愛で包んであげましょう。

双子座男性とのあなたの恋愛がうまくいきますように!

12星の恋愛傾向はこちら

牡羊座の男性の性格・好きなタイプ・恋愛傾向・攻略テクニック
牡牛座の男性の性格・好きなタイプ・恋愛傾向・攻略テクニック
双子座の男性の性格・好きなタイプ・恋愛傾向・攻略テクニック
蟹座の男性の性格・好きなタイプ・恋愛傾向・攻略テクニック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク