水瓶座の男性の心を解き放ち、恋を呼び起こす10の方法|深堀り星座占い水瓶座編|占いブッフェ

水瓶座は、メンタル強靭で独立心が強く、自由な発想の持ち主として知られるユニークな星座です。




水瓶座男性が近づきにくいのも無理はありません。

そんな水瓶座の男性のハートを射止めたいと願っている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事では、彼に力を与え、彼とのつながりを強める10のヒントをお伝えします。

水瓶座男性を理解し、あなたの虜にしたいのであれば、ぜひ参考に♪

水瓶座男性の性格と弱点

水瓶座男性は、独立心旺盛で意志が強いという特徴があります。

かなり独立心が強く、論理を重視し、感情的で情緒的な対応よりも理性と長期的な解決策を好むこともあります。

水瓶座男性は知的好奇心が旺盛で、学問(学ぶこと)を好む人も多い傾向があります。

水瓶座生まれの人は、人間関係に対して「慎重に扱う」アプローチをとり、感情の「泥沼」にあまり深く入り込みたくないタイプ。




また、水瓶座の男性には信頼が欠けていることがあり、最大の弱点は、心を開いて親密な感情を共有することができないことです。

水瓶座男性が持つ、縁を結ぶためのポジティブな特徴

水瓶座男性の大きなプラス面は、普段から非常に忠実で献身的であることです。

水瓶座男性には、強い自律性と独立心があります。

彼はまた、自分自身と彼の生活の中でそれらの間のより深い接続につながる、非常に寛大でフレンドリーであることができます。

最後に、水瓶座男性は通常、コミュニケーションと理解がうまく管理されていることを確認し、非常に率直かつ直接的であることができる人でもあります。




水瓶座男性との恋愛を長続きさせる10の方法

水瓶座男性があなたが目をつけている人である場合、次のヒントは、関係を長続きさせるのに役立ちます。

1 彼の自立心を尊重する

水瓶座男性は非常に独立心が強く、自分のことをするためのスペースを必要としています。彼の自由への欲求を尊重し、自分らしくいられる空間を与えてあげましょう。

2 一緒に充実した時間を過ごす

水瓶座男性があなたとだけ過ごす機会があったら、必ずそれを利用することです。わざわざ特別な外出を計画したり、思いがけないプレゼントで彼を驚かせたりしましょう。そうすることで、彼は感謝の気持ちと関係における価値を感じることができるのです。

3 彼が心を開くように励ます

水瓶座男性は必ずしも感情的な人ではないので、自分の気持ちを打ち明けるには少しなだめる必要があるかもしれません。彼に耳を傾け、決して押しつけたり批判したりしないことで、自分の考えや感情を共有しても安全であることを示しましょう。

4 彼の趣味や関心事に参加する

水瓶座男性は多彩な趣味を持つ傾向があるので、時間をかけて彼の好きなものを知り、それに参加しましょう。そうすることで、彼はサポートされていると感じ、また、二人の関係を築くための共通基盤をより多く得ることができます。

5 安定感の源になる

水瓶座男性は予測不可能なことが多いので、地に足をつけてくれる人が必要です。彼のためにその源となり、安定したレベルを提供しましょう。この関係にコミットし、彼が必要とする信頼性を与えてください。




6 自発的であること

水瓶座男性は冒険が好きなので、彼を驚かせる方法を見つけて、あなたの関係にもっと自発性を加えてください。たまには旅行に行ったり、新しいアクティビティに挑戦したりして、彼の魅力を引き出してあげましょう。

7 会話のきっかけを作る

水瓶座男性にとって有意義な会話をすることは大切なことなので、率先して彼と会話を始めてみてください。彼の考えや気持ちを聞いたり、彼と討論をしたりしましょう。

8 彼に自由な感覚を与える

水瓶座男性性は、自分で決断し、自立して行動する自由を必要としています。自分の計画や決断をする時には、彼に必要なスペースを与え続けることを心がけましょう。

9 彼をあなたの注目の的にする

水瓶座の男性には、可能な限り彼に注意を向けることで、彼があなたにとってどれほど重要な存在であるかを示しましょう。一緒にいるときは、彼に注意を払い、言ったことはきちんと守ってあげましょう。

10彼にリードさせる

水瓶座男性は、恋愛で幸せになるために、コントロールされていると感じる必要があります。彼にリードしてもらうことを恐れず、彼がしてくれることに感謝の気持ちを示すようにしましょう。

水瓶座男性 おわりに

水瓶座男性は掴みどころがなく、理解するのが難しいですが、正しいアプローチをすることで彼との距離感を取りやすくなり、うっかりテリトリーに踏み込んだりせずに済むはず!

水瓶座男性とあなたの恋がうまくいきますように!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク