ココ・シャネル名言Coco Chanel

ここシャネル(Coco Chanel)は、20世紀の女性のファッションやライフスタイルに大きな影響を与えたデザイナーの一人であり、多くの名言を残しています。

その中の一部を英語と日本語で振り返ります。

“Fashion fades, only style remains the same.”

「ファッションは色あせるが、スタイルは永遠に変わらない」

“Simplicity is the keynote of all true elegance.”

「シンプルさこそが真の洗練を生む鍵だ」

“I don’t do fashion, I am fashion.”

「私はファッションをするのではなく、私がファッションだ」

“The best things in life are free. The second best are very expensive.”

「人生で最高のものは無料だ。次に最高のものはとても高価だ」

“Elegance is not the prerogative of those who have just escaped from adolescence, but of those who have already taken possession of their future.”

「エレガンスは、アドレスから脱出したばかりの青年たちの特権ではなく、すでに自分の未来を掌握している人たちの特権だ」

“A woman who doesn’t wear perfume has no future.”

「香水をつけない女性には未来はない」

“Fashion is not something that exists in dresses only. Fashion is in the sky, in the street, fashion has to do with ideas, the way we live, what is happening.”

「ファッションはドレスだけに存在するものではない。ファッションは空にあり、道にあり、アイデアや、私たちがどう生きるか、何が起こっているかに関係している」

“Luxury must be comfortable, otherwise it is not luxury.”

「ラグジュアリーは快適でなければならない。そうでなければ、それはラグジュアリーではない」

“The most courageous act is still to think for yourself. Aloud.”

「最も勇敢な行動はまだ自分自身で考えることだ。声に出して」

“I don’t know who invented high heels, but all women owe him a lot.”

「誰がハイヒールを考案したか知らないが、すべての女性は彼に多くの感謝をしなければならない」

“The best color in the whole world, is the one that looks good, on you!”

「世界で最高の色は、あなたに似合う色だ!」

“Elegance is refusal.”

「エレガンスは拒絶である」

“In order to be irreplaceable one must always be different.”

「代わりにならないためには、常に違っていることが必要だ」

ココ・シャネル(Coco Chanel)が名言を残せた理由

ココ・シャネル(Coco Chanel)は、彼女が生きた時代と社会に対して、独自の視点を持っていたために、素晴らしい名言を残すことができました。

彼女は、女性が男性に対して平等な地位を持つことができるように、女性らしいスタイルを提案しました。

彼女は、女性が自分たちに自由であることができるように、着こなしをシンプルにし、実用的にしました。

彼女はまた、高級ブランドとして成功しましたが、それは彼女が高級品を手に入れるためではなく、自分自身と他人を幸せにするためだと考えていたためです。

そのような独自の視点と、彼女が生きた時代に対しての変革的なアイデアから、彼女は多くの素晴らしい名言を残しました。

ココ・シャネル(Coco Chanel)亡き後も、愛され続けるシャネル

Coco Chanelが亡くなってからも、彼女のブランドは依然として人気があり続けているのは、彼女が提唱したスタイルやデザインが時代を超えても、今でも魅力的であると感じられるからです。

彼女が提案したシンプルなスタイルは、今でも洗練された着こなしを求める人々に受け入れられています。

また、彼女が創り上げた香水やアクセサリーも、時代を超えても魅力的であり、多くの人々に愛用されています。

加えて、彼女が提唱した、女性らしいスタイルや女性の地位に対する考え方も、今でも支持を受けているためです。

その為、彼女のブランドは、彼女が亡くなってからも、長く愛され続けるブランドとなっています。

ココ・シャネル(Coco Chanel)のブランドイメージは普遍の美に通じる?

ココ・シャネル(Coco Chanel)が提唱したスタイルやデザインが、時間の経過と共に魅力を保っていることは、それが普遍の美に通じるものであると言えるかもしれません。

普遍の美とは、時代や文化を超えて、多くの人々が共感する美学的な要素を指します。

ココ・シャネル(Coco Chanel)が提唱したシンプルなスタイルや、女性らしいスタイルは、時代を超えても魅力的であると感じられるため、普遍の美に通じるものと言えます。

また、彼女が創り上げた香水やアクセサリーも、時代を超えても魅力的であり、多くの人々に愛用されていることも普遍の美に通じる要素になっているかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク