魚座の価値観・人生の目的・魚座がしてはいけないこと | 魚座について




魚座が生まれ持つ価値観と人生の目的を知ることが自分を知る最初の一歩。そこから魚座がしてはいけないこともぜひ知っておきましょう。魚座が生きやすくなるヒントを満載しています。

魚座の価値観

魚座が大切にしていることは、情感、融合、捧げることです。

情感

どんな物事でも捉え方や考え方によってつまらなくも楽しくもなり、その意味合いは大きく違ってくるものでしょう。

魚座は非常に繊細な感性を持っていて、同じものを見ていても他の星座とは違う感じ方をすることがあるようです。

豊かなイマジネーションによってモノは単なるモノではなくなり、そこに生き生きとしたエネルギーを感じるのです。

魚座は世界を単なる物質の集合体としてとらえるのではなく、すべてのものから情感を感じ取ることができます。

絵画を見たときにはその意味だけでなく、画家の心や発散されるエネルギーまで感じたいと願うのです。

普通の人が目を向ける部分以外に存在する、余白の情感を理解できるのが魚座だといえるでしょう。

融合

価値観というのは独自の考え方の基準を意味するものですが、魚座の場合はあまり明確な基準を持ちません。

すべてを拒否することも、すべてを受け入れることもありえます。

対象が、自分にとってどんな価値があるのか確認するためには、ただ外側から眺めるだけでなく、その対象を一度、自分の感情の中に取り込んでから感じ取ろうとします。

もし気に入れば自分の一部のように愛しますが、もし気に入らなければそのまま意識から存在を消してしまいます。

自分の感情と溶け合えるかどうかで価値を判断しようとしますから、その基準は気分によって大きく違うこともありえます。

できることなら愛するものだけに囲まれて、それらのものと融合し生きていけたらよいと願っているのです。

捧げること

魚座にとって最も大切なキーワードは「愛すること」です。

その愛は決して利己的なものではなく惜しみなく与える愛であり、見返りを求めない無償の愛です。

魚座の愛はまさに海のような性質を持っていて、すべてを包含する母の愛のようなものです。

海はただ存在しているだけであって、生き物たちに見返りを求めているわけではありません。

ただひたすらそこにいて、愛するものに愛を捧げるだけで魚座は幸せを感じるのです。

心が傷ついていたり愛に飢えている魚座はこの性質を発揮できないこともありますが、心の奥底ではいつも心からの愛を捧げることを願っているのです。

魚座がしてはいけないこと

完璧になろうとする

マイペースでおおらかな性格の魚座ですが、精神的に不安定だったり満たされないと神経が過敏になり細部に意識が向かってしまうことがあります。

細かいことが気になってしまい、完璧な状態を求めてしまったなら魚座の良さは失われてしまいます。

とらえどころが無く少し大雑把なのが本来の魚座ですから、それを完璧な姿に整えようとすると歪みが生じるのです。

完璧になりたいという気持が出てきたなら、本当の問題は心のほうに隠されているかもしれません。

の場合、精神的な安定を求めて完璧を追求していくとひどく心が病んでしまう可能性があります。

どんなに秩序を求めても魚座の心が満たされることはありません。

批判がましくなる

感情で人や物事を判断してしまいがちな魚座は、精神的に満たされていないと批判的な態度に出てしまうことがあります。

本来であれば穏やかであるはずの海が、気象異常による台風やハリケーンなどで荒れ狂うようなものです。

そんなときの魚座の負のエネルギーはとても強いので、周囲の人まで巻き込んでいき結果的には自分も一緒に沈んでしまうかもしれません。

批判がましくなっていることを自覚しても、それをコントロールしなければ人生そのものに大きなダメージを与えかねません。

人のことが気になりすぎたり愚痴が増えていると感じたなら、まずは自分を癒してあげることが大切です。

別世界に逃避する

幼いころから空想の世界を創り上げてきた魚座は、自分だけのイマジネーションの世界というものを持っています。

それについて人に話すことはあまりありませんが、心が疲れたときなどにはその世界に逃げ込んで元気を取り戻してくるのです。

少し不思議に思えるかもしれませんが、それは自然なことですから魚座の場合は有効に活用していくべきでしょう。

ただし、現実世界とのバランスをとることが重要で、もし空想世界だけに生きていこうとしたなら話は別です。

この世に生まれてきた以上は、現実社会の中で生きるということは義務のようなものでしょう。

イマジネーションの世界と現実社会を行き来したり、理想を現実化させようとするのは良いとしても、創り上げた別世界に逃げ込んで隠れてしまったなら、それは心の闇に囚われているだけかもしれません。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280